最近の様子

バックナンバー

■NPO観光コアラとは?
 設立趣旨書
 設立総会議事録
 定款
 役員
 事業計画書
■会員募集
 参加案内
お問い合せ
道守大分会議
 16年3月25日レポート
 
NPO観光コアラ事業
大分市SNS-daikinrin.jpモニター募集
[募集期間(第一期)]平成18年10月5日〜平成18年3月末日
【 NPO観光コアラ 】

大分本部

大分市金池町2丁目1-14
TEL/FAX: 097-538-0653
Mail: info@npocoara.jp

天神事務所

福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館15F
TEL: 092-739-2726


技術協力
株式会社コアラ

天神コアラ


リンク用バナー
リンクの際は、こちらまでご一報くださいませ。

 

特定非営利活動法人 NPO観光コアラ 設立趣旨書

1 趣旨

 大分県民にとって、大分を観光PRすることは、「大分はこんなに素敵な処なんだ」と訴えることであり、大分県民であることを誇りに思える大事な行動である。
一方、その観光のPR手法は、今やブロードバンドやモバイル等とIT(情報通信技術)の活用が脚光を浴び、かつ、強力に威力を増しつつあることから、我が大分県はよりいっそうの力を入れるべき時期が来ている。
そこで我々は、NPO法人“NPO観光コアラ”を設立し、IT(情報通信技術)等を活用し、大分の観光情報を国内外・県内外に広く強く発信、あるいは来県観光客へのタイムリーな観光情報の提供等を行い、大分の素晴らしさや楽しさを、ネアカ、ハキハキ、マエムキに広報することとする。
 また、その趣旨に賛同する個人や団体のIT支援を行い、特に大分に住む方々が大分の素晴らしさを情報発信することが素敵で楽しいことだと実感されるよう、更には、観光が人と人との素晴らしい出会いを育むように支援し、快活なコミュニケーションが産みだす心豊かな地域社会づくりを目指すこととする。
     
       
2 申請に至るまでの経過

 大分はワールドカップ開催で観光地としてのよさを大きく国内外にアッピールすることとなった。
 そこで、更なる観光地としての成長を期し住民自ら観光を最新のITで光り輝かせよう、と、平成15年11月22日、別府市のビーコンプラザに賛同者が集合、設立総会を開催し、特定非営利活動法人「NPO観光コアラ」を設立することとなった。

平成15年11月22日

特定非営利活動法人  NPO観光コアラ
設立代表者
住所又は居所
 大分県大分市大字津留1977番地の6
氏  名  尾野 徹            印
住所又は居所  大分県由布市湯布院町川上2713番地の2
氏  名  桑野 和泉           印

※桑野氏は2007年度の理事会で、代表理事から理事に代わりました

NPO観光コアラが目指す実際のIT例

平成15年11月22日

1. 地域住民や団体が観光情報を制作し、情報発信することを支援する。
 特にブロードバンド用動画利用が今後普及するであろうことから、その制作の仕方などを広める。更にはそれらの企画や代理制作・代理サーバー運用支援等をも行う。

2. 地域の生活者である女性たちを中心に身近な地域の魅力を掘り起こし情報発信することを奨励し支援する。またそれらの人的ネットワークを作る。

3. 住民参加が行い易いようなITツールを紹介する。
 インターネット情報の更新が容易であれば観光情報を新鮮な状態に保つ手助けとなるし、レスポンスを受けられる仕組みがあれば情報発信すること自体が楽しくなる。
 そこで、それらを実現させる実際ツールとして、例えば昨今米国から普及の兆しが見え始めているウェブログ※を講習、普及支援する。

4. 携帯電話利用の観光情報の発信を行う。
 携帯電話による情報取り扱いが益々一般的になっていることから、
 ・携帯電話の写真で観光情報の発信更新ができるように支援
 ・街歩き観光に対応して、携帯電話で容易に情報を得られるように情報提供を目指す。

5. 上記を行い易く利用し易いような統合的な観光コンテンツ管理システムの提供を目指す。

以上

------------------------
※ ウェブログとはWeblogの略で、情報発信を連続的に行うホームページのことを言います。米国から流行り始め、そのための専用ツールが様々に開発されていますが、特に日本国内ではMOVABLE TYPEと呼ばれるものが広く受け入れられつつあり、大分県内でも勉強会が始まっております。このツールを使うと、簡単に情報更新が可能ですし、新聞社のように複数のレポータが一つのサイトの情報更新を行うことも可能となります。詳しくは、http://www.coara.or.jp/blog/をご覧ください。