■食レポート講習会 参加レポート(大藤さん)
−食レポート講習会−
今回は湯布院の亀の井別荘・湯の岳庵さんにお世話になりました。

入口の引き戸を開けた突き当りには本日いただくであろう食材がお客さんの食欲をかきたてるように置かれています。私もご多分に漏れず期待がどんどんと膨らんでいきました。

 

それではいただきます!

まずテーブルの中央に七輪、そしてざるに盛られたしいたけが運ばれてきます。
網の上のしいたけは地元佐藤さんが育てた逸品でお刺身としても食べられるそうです。香ばしい匂いに誘われスタンバイOK!

カサの裏に水滴がプツプツと出てきたら食べごろ、お店の人もせきたてます。

軸もご馳走(一粒で二度おいしい♪)
細かく割いて再び網の上へ〜自分の手でするのが結構楽しかったりするよ。松茸?とまではいかないがなかなか美味しいです。みんな大好き、アッという間に一杯です。コリコリした食感が珍味かも
■稚鮎の天ぷら
 先ほどまでピチピチと泳いでいた鮎の赤ちゃんがサクサクの天ぷらに! これ以上ない新鮮さは一番のご馳走ですね。
■のびるのぬた
 もったりとした酢味噌はピリッと大人の味覚豆板醤の辛味がのびると愛称抜群で一緒に出された純米酒が良く合います。

■つくし(九重町産)の卵とじ
 つくしの形がかわいらしい!薄味だけどしっかりと味がついててほんのりと苦味が、春の味覚を堪能できますよ。
■重ね湯葉
その名の通り湯葉を贅沢に使っていて箸を入れるとお豆腐がスライドしているみたい。お菓子で言えばミルフィーユだとか。しょうががピリッときいていてまろやかさが一段と引き立って食べ応えがあります。ヘルシーで美味しいから毎日でも食べたいうれしい一品でした。
■かぶのスープ
とろりとしていて口当たりはとってもクリーミィです。全然臭みもないのでかぶとは気付きませんでした。より美味しくいただくには木製のスプーンでスープが冷めない配慮だそうです。

■お造り三種盛
左前はこいです。歯ごたえはコリコリッとして臭みは全くありません。つけだれはかなりパンチの効いた酢味噌(柚子ごしょう・豆板醤入りで納得)でとっても気に入りました。中央後ろはますです。これもぷりぷりで右前の山女とともに醤油でいただきます。やまめの上には黄色のカラスミが少しのっていますがすが、これで全体がまったりとしてくるのが不思議な感じです。

■春のサラダ
紫キャベツ・クレソン・セロリなど9種類もの野菜がど〜んとてんこ盛りは迫力がありますよぉ。玉ねぎのドレッシングをたっぷりかければお肌も大喜び!遠慮せずにバリバリといただきました。

■豊後牛のわさび焼き
素材を見ていただければ一目瞭然ですが、本当に箸で切れる軟らかさのお肉で口の中に入れたらとろっ!でした。見た目には辛いと思うほどの粒わさびですがこれが肉の甘みを引き出すのに丁度良いバランスです。少量に見えても結構お腹に応えますよ。

 
やっぱりこれが楽しみ〜♪
■漬物
シンプルで懐かしい。田舎の味です。
■菜の花ご飯
口の中に入れるとふわっとごま油の香ばしい香りが広がって噛むと菜の花の苦味とからすみが程よく調和しています。
■シジミの味噌汁
とっても大きな貝でしょう。流石に穴道湖産は違いますよ。出汁もよく出ているのであっさり、すっきりで最後にいただくにはピッタリです。
■葛きり
今まで食べた中で一番大きな葛きりでした。黒蜜はたっぷりつけても甘すぎずgoodです。氷もゆらゆらと涼しげですが、今度は是非夏に食べたいですね。

こぉ〜んなに太いよ。

ご馳走様でした。
もう限界(120%)です。。。

今回は初参加でしたがみなさんパワーがあり余っているような方(いい意味で)が大勢いらしたのにはびっくりしました。
要領も分からず、準備不足で手落ちがあったことが少し残念でした。
皆さんの都合で叶いませんでしたが、もう少し時間が取れたらおしゃべりも楽しめたかも・・・。
また楽しい企画があったら是非参加したいですね。
スタッフのみなさんいろいろとお世話になりありがとうございました。
2005.3.13 Reported by 大藤