■食レポート講習会 参加レポート(加納さん)

椎茸の塩焼き
炭と椎茸の香のブレンドが、わくわくを募らせます。湯布院の佐藤さん椎茸は、ここ、亀の井別荘でしか食べられないという逸品。朝採れだから、新鮮です。お刺身のように食べられるというこの椎茸は、半生状態で試食!甘くてジューシー。歯ざわりはさくさく。食後もしばらく、椎茸の甘味と風味が残ります。

川魚の盛り合わせ:こい、やまめ、ます
こい:さくさくで臭みがありません。味はぱっと味淡白なのですが、酢みそ(ゆずこしょうや豆板醤をからめてつくった、秘伝の味だそうです)と頂くと、絶妙な組み合わせにうなります。
やまめ:からすみがトッピングされてます。川魚だから塩気がなくて、こいやますにくらべると、濃厚な味です
ます:シューベルトの「ます」は知ってたけど、本物のますを食べるのは、初体験!とろとろさくさくな食感。お酒がすすみます
九重町でとれたつくしの卵とじ
ちょっとにがくてしゃきしゃきです。後味は甘い。春はもうすぐそこです。
のびるの酢みそあえ
のびるって、私の嫌いな葱ににてる。でもこれは○。ちょっと辛子入りだから、鼻つーんだけど、強すぎないから「大人の味」になるんだな。黄色と緑と白のコントラスト。色合いも絶妙でしょう!
かさねゆば
お豆腐かと思いきや、ミルフィーユのように、何層もゆばを重ねた逸品でした。味は、豆乳を固型にしたような感じ。ミルキーな甘さを、しょうがでしめてあります。

かぶのスープ
ポタージュって、お腹にどっしり重いイメージあるけど、こちらは素材がカブですから、さらさらで、とっても上品なお味です。

春のサラダ:むらさきキャベツ、玉葱、パプリカ、ベーコン、クレソン、人参、トマト
玉葱のドレッシングが、素材の良さを、引き出しています
豊後牛のステーキ
超レア?!(第一声)まさに牛肉のトロでございます。すっごい霜降りなのに、きざんだワサビに、醤油のソースと、和風にしてあるので、重たくない。お箸で一つ一つ切り離しながら頂きます。
菜の花丼
ちょっと苦くてさくさく菜の花が、春を運んでくれます。からすみをからめると、塩気が加わって、またまた美味。卵が菜の花を連想させて、みてもたべてもおいしいの。ごま油でいためてるとのこと。風味も抜群です。そしてお米は湯布院米。甘くてねばりがありまっせ。
くずきり
お腹一杯なのに、一つ一つ手作りくずきりは、するするはいっていきま?す。市販されてるくずきりより、ずっと濃厚な感じでした。
 試食を終えて・・・
女3人でたらふく、頂きました。「わお、おいし?」「きゃー、美味?」と場所柄もわきまえずかしまし娘。すでにオバタリアン化してました。途中からお酒も入り、なんとも幸せな時間でございました。私達は早速、亀の井別荘に予約入れました。今度は自費でしっかりたっぷり、頂きますよ!!!!亀の井別荘の皆さん、NPO観光コアラの皆さん、とっても素敵な企画を、ありがとうございました。
2005.3.13 Reported by 加納